2800万円の住宅ローンを6年前に組みました

私は6年前に一戸建てを購入し、その時点で2%を少し超える金利で、35年の住宅ローンを組みました。
住宅価格は3200万円、頭金は500万ほどでした。


正直、一戸建てを買おうと長年準備してきたわけではありませんでした。



こどもが2歳になった頃、やはり自分達の家を持ちたいという強い気持ちを抱くようになり、特に主人は、この気持ちが高まっている時に、どうしても購入したいという気持ちが伝わってきました。


しかし私としては、もう少し我慢して、貯金をして準備をしてから、余裕のある住宅ローンを組みたいと思っていました。

しかし毎年転勤の可能性のある主人にとって、待っている暇はないと思ったのです。
まず自分達の予算を考えたときに、主人は住宅価格が4000万円台でも買えると思ったようですが、やはりそこは女性は慎重になります。

私はできれば3000万円までで収めたいと思っていました。


そして住宅ローンは2000万円代前半であれば、自分達にも返済することが出来るのではないか、と考えたのです。

気軽にBIGLOBEニュース情報サイトです。

まずは注文住宅は予算的に合わないこと、主人が仕事が忙しく、住宅メーカーと相談して決める時間は無いと思ったので、建売一戸建ての住宅を探しました。

しかし、いくら探しても自分達に合うような金額の建売はありませんでした。

たまたま私の同級生に住宅メーカーに勤務している友人がいましたから、相談してみることにしました。

その友人いわく、3000万円以内の新築の建売一戸建て住宅は、この近辺では無いということ。
住宅ローンも金利がかなり下がっているので、この時期は狙い目だということでした。

カード決済情報を検索しましょう。

私はとにかく住宅ローンが心配でしたから、その点だけは主人に慎重に考えてもらえました。


その結果、3200万円の新築一戸建て住宅を購入し、住宅ローンは2800万円、そして2年前には更に住宅ローン金利が下がったことをうけて、住宅ローンを他の銀行で借り替えて、かなり繰上げ返済したほどの効果を上げることができました。